So-net無料ブログ作成
検索選択

国産カブトムシの飼育ガイダンス。徒然風。 [飼育中]

会社で突然、子持ちの後輩に聞かれてしまい。誰から僕的な昆虫飼育歴を聞いたのか...。

でも、これからの時期、カブトムシ飼育で悩まれる親子が増えるかと思いますので、
不束ですが、これまでの経験での国産カブトムシ・成虫の飼育方法を少し書いてみたいと思います。
(飽くまで個人的な見解です。決して他の方の飼育方法が悪いとか、こちらでないと駄目という類のものではありません。
また生体飼育の話ですので、他の要因が絡んで早期に寿命を迎える固体もあります。飼育を楽しむ目的でご一読頂ければ幸いです。)

①暑いのは苦手!
最初、これに気付かない方も多いかと思います。真夏の虫ながら、昼間の炎天下などは極端に弱いです。
自然の国カブは、日中に木の根元の土の中や落ち葉の下で休んでいます。
真夏でもウッソウとした林では、ひんやりとした風が流れます。あれくらいの涼しさのところで寝ています。
ですので、飼育ケースも日中に温度の上がらない、できれば自然の風が入る涼しいところにおいて置くのが長生きのコツです。
活発なのはむしろ夜間であることを理解して、子供と観察するときは夜にケースから出してみることをお薦めします。

②ケース内には足場を複数。
夜はあんなに飛び回って元気だったのに、翌日の日中に仰向けで動かなくなっていた...という場合は、
飛行後の着地時に背中側が下になってしまって起き上がれないまま、というのが考えられます。
実際に夜間、灯火に飛来する国カブが下に落ちた際は仰向けとなる のを結構な確率で見ております。
自然下では周囲に木々や葉があるので足が掛かって起き上がれます。一方、飼育下では背中に柔らかで細かいマットがあるのみ...では、厳しいです。
大小の枝やDIY残り物の木材などケース内に上手く配置して足掛かりを作って下さい。

③スイカは主食でなければ可。
賛否があります。僕的には「主食は昆虫ゼリー。ときどきスイカや加糖ヨーグルト」です。
ヨーグルトは国産カブトムシに良いたんぱく源です。ただし、頻繁は避けています。
案外雑食です。そして大型のオスが一番良い時間帯に良い場所を陣取って食事をとります。チビカブは...夕方早めに出てきて食事、という頭脳プレーでしっかり食べますので、エサは切らさずに~。特に羽化して動き出してきた時期には貪欲ですよ!

④オスを長生きさせたければ、メスは一緒に入れない。
これは仕方の無いことなのですが、次世代を残そうとする本能にまかせると、オスは精魂尽きるのが早くなりますので。
気に入ったオスを秋まで(僕的には最長で10月中旬まででした。)飼いたいのであれば、ペアリングはさせない方向で。
逆に卵を産んでもらって幼虫の孵化から育てたい向きには、腐葉土系のマットをしっかり固めて(深さ20cmは必要)オスメスを入れておけば良いはずです。

⑤洗うも可。
ケース内は衛生的にし、飼育マットに異臭が出てきたら早めに替えるべきです。
それでも環境によっては、個体自体がベタベタのマットだらけになったり、ダニに付着されたりします。
見るだに可愛そうです。
そんなときは成虫をしっかり掴んで水道水でさっと洗っても、大丈夫です。
その際、ダニ取りブラシがあれば一層便利です。が、高いので、古い歯ブラシで軽くコスっても。

⑥角が折れたら!
オスの角、喧嘩やアクシデントで折れてしまうことがあります。白い体液が出過ぎると、危険な状態に。
以前、セロハンテープで折れた傷口を止め、瞬間接着剤で固めたところ 2週間ほど永らえた個体がありました。
(折角だった...オオ、文字通り...ので、さらにセロハンテープを巻いて角の形に整えてやり、黒く塗ったりしました...。)
万一の知識としてご参考に。

⑦オオクワガタと違って次の夏まで生きられない。
基本的に1年草と同じです。随分と飼いましたけれども、冬まで生きた個体はありません。
自然界の冬となれば、次の命が土中で静かに育ってきます。
それこそ「宿命」と思って、短い成虫期間にしっかり愛でましょう!


ということで、第1弾はこれくらいに。兎に角 徒然ですので乱文ご容赦のほど~。

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

国カブ、続々。 [飼育中]

台風一過です。
でも梅雨空は払い切れず、かな。
そんな中、カブトムシは順調に羽化してきています。
今年は、ティッシュペーパー芯での人工蛹室によらず、嵩を充分とっての自然羽化です。
ミミズの大量発生が無かったので、安心できました...。
そうそう、
国産は縦、ヘラクレスなどのダイナスティスは横、というのが蛹室の向き、です。
それ故、国産カブトムシは高ささえ取れれば、床面積が小さいバケツでも多頭飼育・多頭羽化が可能~。
昨年は、まるでレヴォルバーのように蛹室を綺麗に形成したバケツ飼育群がありました。

 
こちらはもうスタンバイOKかな。そこそこの大きさみたいで。頭角をゆっくり振っておりました。

 
羽化して間が無いとこんな風に蛹の皮が残っていて、不思議な感じ。
しっかり休んでから出てきてください!餌はいっぱい有りますので...。


自然界でも相当数がもぞもぞ這い出してきている時期...蒸し暑い晴れた夜が待ち遠しいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国カブ、出てまいりました。 [飼育中]

昨年晩夏に卵のとれた国産カブト虫。
蛹になっていたのは確認しておりましたが、
屋外のエアコン室外機前にケースをそのままおいており。
今日、日のあるうちに覗いてみましたら、2匹、マットの上に出ておりました。

第1印象「おお~、小さい~」

今までの飼育歴の中でも最小かも...。
でもチビカブも可愛いんですよね~。運動量も豊富で。 嬉しいです。
真夏がもうすぐ、ということですね。

前蛹・最後の一匹だったグラント幼虫も無事、人工蛹室で蛹化しましたし。ホッ!



羽化までじっくり、あまり覗かぬようにして待っております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グラントシロカブトの蛹化 [飼育中]

yasubooさんから御好意でお譲り頂いたグラントシロカブト
本日そっと確認したところ、5匹中、4匹が蛹に。残り1匹が前蛹で!
サイズが日本のカブトムシに近くて本当に親近感の湧くダイナスティス系です。

1ヶ月ほど前にマット替えをし、
その際、比較的目の細かいものにしてありましたことが、良かったのか。
横向き蛹室の中身の一部がケース下から確認できて安心しています。

前蛹はマット上部で寝た状態なので、これは人工蛹室byオアシスでしょうか。
実に楽しみ。ワクワクです!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やりましたよ!幸! [飼育中]

40個のDHH・CBF1の卵、9個は残念な状況になりました。
茶色に変わり萎んで...これらは無精卵でしょうか。
が、
一昨日から薄オレンジ色で微妙に背中側の皺(節?)の模様が出てきていた2つの卵、
先程覗いてみたら、 「おお~、孵化完了してる!」

さすがに相当数の孵化を見てきているので、孵化タイミングを外した感じは無く、
卵殻を食べ終わって少し動いたかな、という位置におりました。

ティッシュペーパー保管法でしたので、早速、マットに移動してもらいました!
大きくなれよ~。
後続も無事、孵化して欲しいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

18匹。 [飼育中]

頑張っております。DHH♀。
1週間で18個の採卵です。
いずれも丸くなっていますので健康卵の可能性大です。
餌を切らさないように注意し観察しています。

これまでの分と合計での40個は、ティッシュ孵化法で。
ダニを避けられますからね。比較的容易に。
この卵たちが皆孵ったら、温室が満杯になりそうです。
嬉しい悲鳴になるかどうか....。 yasubooさん、感謝です!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ヘラクレス、新記録。 [飼育中]

新記録です。
何が、というと、1週間での産卵数。そう、DHH♀の産卵数です。

この前、19日の月曜日夜にマットに投入した旨、UPしましたが、
昨日マットを開けてみましたところ、
20個の卵を確認。木曜日には2個見つけていたので、小計で22個。
更に、本日の給餌の際、1個を確認しました...ので、合計、23個。

1週間で23個は、ちょっと飛ばしすぎ...でも、嬉しいです!
それと、元気に歩き回るのは良いですが、ケースをこじ開けないで下さい。
お願いだから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ゾウカブトゾウカ。 [飼育中]

漢字で書くとすれば、「象兜増加」でしょうか?

先年羽化のエレファス・エレファスの♂と、
yasubooさんからの♀で、9個の卵が摂れたところ。
800ccのカップにマットを入れて、まとめて入れておりました。
先週末には2匹の孵化を底側から確認できていたので、今日、一度全部見てみました。

7匹と孵化直前1個の卵を確認!吉!
あと1個は???と思い、空けたカップの残マットを探ると...
居りました。1匹。
全孵化となりそうです。 大吉!
さあ、ダイナスティスより長い幼虫とのお付合いの始まりです。楽しみ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

採卵。 [飼育中]

久しぶりに。
ヘラクレス・ヘラクレスの採卵が出来ました。

先日、yasubooさんから♂DHHをお譲り頂き(とても良いバランスの個体です。)、
こちらの手持ち♀(KABUKABUのtsukiさんからの両親の子)とペアリングしました~。
CBF1になるかと。

産卵用のマットは、これまでの試行錯誤から、MIXしたものです。
月曜夜に産卵マットに入れたのですが、マット上部に2個、卵が見えており。
そっとプリンカップにマットとともに移しておきました。
無事孵化するかはこれからですが、幸先良し。
健康卵、祈願!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

思い切ってあけてみた。 [飼育中]

日課にて温室内の虫々にえさやりを実施。
今日はバナナ。モリシマイ♂もエレファスも、ヘラヘラ♀も等量で。
それと、我が家温室は4階構造なので、三階の幼虫達の様子も確認...。

そういえば、山崎さんよりの極太・美麗・ブルー系♂は、小さく育った幼虫だったけど、
どうだったか~。大プラケで外から見えないけど、☆ということは無いよね...。
もう羽化して出てきて良い頃か...。

大抵、こういうときはジレッたくなって、思い切って。
ケースを横にして少しずつ土を除いていきました。

お、お、おおーっ。出たどー。小さいが。立派な成虫になっている!
上翅も真艫だ!

まだ後食前なので、そっとしておいて。全長のみ計測。
112mm...小さい。でも可愛らしい!大吉!!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。